下北沢に住みます:
2013年~東京都世田谷区の『下北沢(通称:シモキタ)』に住んでいます。下北沢駅から半径約1.5km以内のお店・レストラン・スポット・物件について紹介します!!
<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下北沢 BLOG
下北沢を題材にしたブログはいくつかあるのですが、最近新しく下北沢に関するブログを見つけました。

タイトルはズバリ、下北沢 BLOG

2013年の2月に始まったのでまだ4記事程アップされている状態ですが、中身が濃いです。

・下北沢の失敗
・下北沢の魅力
・下北沢の年齢層別選手権大会
・下北沢で5年以上お店をやる事とは?

下北沢でお店をやることの大変さを、具体的なデータ・事例を使って書かれています。

今まであまり意識していなかったですが、下北沢でお店というか事業をやるのって相当大変な事のようです。

下北沢は基本的に学生街なのに、家賃は都内でも相当高い部類に入るみたいです。

単価は低いのに、家賃が高くて固定費は下げることが難しい。

そんな条件の悪い場所が下北沢だそうです。

結構色々なお店が出来ては潰れていく、というのはこの条件の厳しさ故なのですね。

お気楽にお店を出せば簡単に儲かるかというと、かなり厳しいというのが下北沢のようです。もちろん物件によって家賃は違ってくるのでしょうが、相対的に高いことは間違いないようです。

これからアップされる記事も気になります。

ちなみに、筆者は(株)gmv代表取締役 吉田 壘という方です。何とお読みするのでしょうか。

下北沢在住のようです。

下北沢 BLOG


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。人気の下北沢ブログはこちらから。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

世田谷ライフで下北沢特集!!
世田谷区の色々な街を毎号特集している「世田谷ライフ」

待望の下北沢特集です。



シモキタ住民であれば、必要ないかもしれないですが、地元だからすべてのお店を知っているかというとそうではないことも多いので、こういった雑誌を参考にするのもいいかもしれません。


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

地域密着型 SNS 「I LOVE 下北沢」 オープン !!
ひさしぶりの更新となりましたが、その間に衝撃的な出来事が起きました。

今回のブログのタイトルにもあるとおり、「地域密着型 SNS 「I LOVE 下北沢」」が4月5日にオープンしました。

奇しくも、私のブログの名前と同じ名前のSNSです。

ある意味光栄ですが、混同されてしまう可能性があるのがちょっと気になるところ。

ひょっとすると、このブログが「I LOVE 下北沢」を真似したと思われかねません。このブログは2010年の10月に開始したので、こちらがあくまで本家だと思っています。

さて、その今回新しくオープンした「I LOVE 下北沢」ですが、国内最大規模の情報資産プラットフォーム企業である株式会社パイプドビッツがリリースしたSNSだそうです。

「I LOVE 下北沢」はインターネットの普及に伴い薄れてきたと言われる地域性を再構築すべく、下北沢への愛を頼りにエリアマネージャーの「ガッシー」が下北沢を愛する人、下北沢に愛される人をつないで回る、という企画だそうです。

以下のプレスリリースで、「I LOVE 下北沢」の詳細が分かりますが、クーポンを発行したり、お店の人にインタビューしたりと、かなり濃い内容のシモキタ情報を展開するみたいです。

私のブログでは到底太刀打ちできない、内容と質になるかもしれませんが、このブログも独自の視点?で情報を展開していきたいと思います。

それぞれ、共存しながら情報発信していければと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

「I LOVE 下北沢」プレスリリース

SNS「I LOVE 下北沢」


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

小説「もしもし下北沢」。
下北沢、でGoogle検索していたところ出てきたのが、小説「もしもし下北沢」

2010年に毎日新聞紙上で連載され、同年の9月には単行本としても出版された小説だそうです。



作者は、よしもとばななさん。

ばななさんは下北沢近辺で暮らして約10年になるそうです。

「もしもし下北沢」の中には下北沢にかつて実在したビストロ「レ・リヤン」などが登場するなど、ここ数年の下北沢の街の様子を描き出しているそうです。

下北沢のお店は移り変わりが激しいのですが、変わらずに残っているお店もありますね。

街は絶えず移り変わるものですが、下北沢らしさは変わらずにいて欲しいものです。

よしもとばななさんインタビュー記事(下北沢経済新聞)

「もしもし下北沢」特設サイト


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

「住みたい街ランキング」で下北沢が2位
1月25日発売の「東京ウォーカー」(角川マーケティング)の「住みたい街ランキング2011」で下北沢が2位に入りました!!

下北沢経済新聞でも取り上げられています。

以下、下北沢経済新聞の記事です。

『同誌の読者3,183人に調査したもので、下北沢は211票を獲得して2位に。昨年より1つ順位を上げた。1位は吉祥寺(603票)でV6を達成、3位は恵比寿(153票)、4位は自由が丘(144票)、5位は新宿(112票)と続く。

 下北沢について、同誌は「B級グルメ店や新タイプの居酒屋が続々オープンするなど、常に新しい食文化が生まれる街。古着店も老舗のリニューアルや新店の登場で、ますますにぎわいを見せている」とコメント。「さまざまな文化が入り混じり、変化し続けるというエンタメ感が若者を引き付けている」とし、「演劇の街」「若者の街」としての魅力を評価する。

 一方で、「住んでよかった街ランキング」では前年は8位だったのに対して、今年は30位以下の欄外に。次回のランキングに向け課題を残した形となった。』


住んでよかった街ランキングで30位以下とは、住みたい街の2位とかなりかけ離れていますね。

住んでみたけど、イマイチ下北沢は良くなかった、ということでしょうか。下北沢はお店の入れ替わりが激しいですし、常に変化し続ける街で流動的な街だと思います。

でも、新宿、渋谷に近く、緑も多いので住みやすい街だと思っています。実際に下北沢に住むのは来年になるので、今の時点ではあくまで想像ですが。。。

『2011 年 住みたい街ランキング』


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。