下北沢に住みます:
2013年~東京都世田谷区の『下北沢(通称:シモキタ)』に住んでいます。下北沢駅から半径約1.5km以内のお店・レストラン・スポット・物件について紹介します!!
<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃業後の清水湯 【太子堂】
三軒茶屋から下北沢への道、茶沢通り沿いに合った銭湯、清水湯の解体工事が行われています。

閉店したのが2013年の2月末とのことですので、もう3ヶ月も前の話。

shimizuyu_0262.jpg

shimizuyu_0263.jpg

shimizuyu_0264.jpg

飲食店などの閉店は日常茶飯事のことであり、そこにはあまり感傷的な気分に浸る間もないですが、銭湯の閉店は時代の流れと言いますか、ライフスタイルの変化と言いますか、人口動態の変化と言いますか、色々なものが過去のものになっていきつつある事を実感せざるを得なくなります。

前の時代では必需となっていた施設が取り壊される訳です。

もうお風呂の無い部屋というのはどんどん少なくなって来ていますし、銭湯を好む?高齢者が減ってきているということを如実に感じます。

銭湯の湯船は広くて家のお風呂とは違ってリラックス出来る気がしていて、個人的には近くにあれば週1くらいで通いたいと思っています。

幸い代田に銭湯「新寿湯」があるので、気分転換を兼ねてお風呂に浸かりに行きます。冬は辛いので今の季節は気持ちがいいです。できれば長く営業して欲しいですね。


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。人気の下北沢ブログはこちらから。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

グリーンライン下北沢
以前このブログで、「小田急線 線路跡地の利用について」という記事を書きました。

小田急線の東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅の三駅が地下化されることによって、広大な線路跡地ができることになります。

世田谷区では、オープンハウスを開催するなどして色々な意見を募集しているようです。

そんな中、具体的な提言・取り組みを行っているグループを見つけました。

グリーンライン下北沢という団体なのですが、鉄道事業者にもプラスになり、利用者の地域住民にも、商業者にも、来訪者にもプラスになる「ウィン・ウィン」の関係性を確認しつつ、防災や、環境にも配慮した、みんなが幸せになる公共空間を一緒に考えていく開かれたグループです。

将来、創出された公共空間を利用する使い手の受け入れ、管理運営の担い手となることも視野にいれ、地域の皆さまと連携する取組みを模索しています。

ということで、実際に線路跡地をどうするといったプランを考えていらっしゃるようです。

もともと「小田急線あとちを考える会」だったのが、今年6月に改名したようです。

何度かセミナー的なものを開催しておられるようですが、その中で、先をいく参考モデルとして今年6月に拡大オープンしたニューヨークのハイラインについてのレポートがWeb上で見ることができます。

こちらも線路跡地の利用方法について、色々議論した結果できあがったスペースなのですが、このハイラインがとても魅力的でした。

こちらは高架跡ということで、小田急線跡とは置かれた立場は違いますが、線路跡地をどのような形で利用するか、という点においては同じことだと思います。

遊歩道メインで自転車もクルマも立ち入り禁止というコンセプトは素晴らしいと思います。

小田急線跡は緊急車両が入れるスペースも考えられているようですが、できれば通常の車両は入れないようなプランにしてもらいたいと思います。

下北沢にクルマはあまりそぐわないと思いますし、歩行者をメインにしたスペースにしてもらいたいと思います。

とにかく、ニューヨークのハイラインレポート、必見です。ワクワクします。こういうスペースを日本にも作れば話題にもなりますし、区民の憩いの場所になるのではないでしょうか。

ニューヨークのハイラインレポート

グリーンライン下北沢のウェブサイト

以下のブログも参考になります。

No.111:「グリーンライン下北沢」とグリーンサークル


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

北沢タウンホール 屋上庭園で憩う
下北沢にある多目的ホールといえば、「北沢タウンホール」

スズナリの近くにあり、演劇・音楽だけではなくダンス・お笑い・格闘技などジャンルを超えた「なんでもあり」の多目的ホールとして下北沢の中心的な存在です。

北沢タウンホールの正式名称は北沢区民会館というそうです。

この北沢タウンホールは、年間稼働率95%と日本一多忙なホールとして有名です。

予約は半年前からです。

ここの5Fには屋上庭園があって結構穴場だそうです。お昼寝などをここでされる方が多いそうです。さすがに今の時期は暑すぎると思います。。。

下北沢駅から約徒歩5分の距離です。

北沢タウンホールのウェブサイト

=============================================
155-8666東京都世田谷区北沢2-8-18
TEL:03-5478-8006, FAX:03-5478-8007
=============================================


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

井の頭線 下北沢駅 西口
小田急 下北沢駅の地下化工事が着々と進んでいます。

小田急ホームページによると、2013年度の完成を予定しているとのことです。

工事完成後複々線になるとのことですが、緩行線と急行線が同じ階ではなく、上下階に分かれるそうです。ということは、急行から各停への乗り換えが階段、エスカレーター等で移動する必要があるので不便ですし、急行線と緩行線が個別に走ることから、各駅停車が急行待ちということもないみたいですね。


さて、本題に入りますが、今日紹介するのは、井の頭線 下北沢駅 西口。

shimokitazawa_station_0102.jpg

井の頭線の下北沢駅は工事が計画されていないのでまだまだ現在の姿のまま残ると思われます。補助54号線というのが下北沢を横切る形で整備されるそうですが、井の頭線下北沢駅は影響を受けないと思われます。西口は下北沢駅の西のホームの側に設けられています。

大学時代、下北沢にはよく行ったのですが、この出口から出たことは数える程?だったと思います。

ここから行ける所といえば、大学時代はジーンズメイトでした(笑)。

この前この出口を自転車で通ったときに写真に撮りました。

ちなみに、井の頭線と小田急線は改札が無くて行き来できた気がしますが、今もそのままなのでしょうか。

と思ったら、Wikipediaに載っていました。まだそのままのようです。

PASMOの計算はちゃんとこのことを考慮されているんでしょうか??


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

小田急沿線 自然ふれあい歩道 世田谷代田駅~下北沢駅コース
こんばんは。

今日は下北沢のダーウィンルームがテレビか何かで取り上げられたのでしょうか??

当ブログのアクセス数が「ダーウィンルーム」からの検索で急激に上昇したので、恐らく何かで取り上げられたのだと思います。

あのお店はとても個性的で私も好きです。店内でコーヒーを読みつつ読書したいと思っていますが、なかなか実現しません。

下北沢に住み始めたらやってみたいですね。


さて、今日は世田谷代田駅~下北沢駅の散策コースの案内です。

小田急電鉄のホームページに、沿線の色々な散策コースが載っているのですが、そのひとつに世田谷代田駅~下北沢駅の散策コースがありました。

代田、代沢、太子堂、三宿を巡っていく散策コースなのですが、色々な見所が紹介されています。

圓乗院、北沢川緑道、円泉寺、烏山川緑道、三宿神社、三宿の森緑地、北澤八幡神社、森巌寺と載っていますが、北沢川緑道以外はほとんど行ったことがありません。

ちなみに世田谷にはその昔、世田谷城があったということです。

600年程前にも世田谷区一帯に人が住んでいたということで、その時の世田谷一帯の様子はどんなだったんでしょうね。

当然家は殆どなく、一帯は平野だったのだと思われます。

世田谷代田駅~下北沢駅コース


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:世田谷区 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。