下北沢に住みます:
2013年~東京都世田谷区の『下北沢(通称:シモキタ)』に住んでいます。下北沢駅から半径約1.5km以内のお店・レストラン・スポット・物件について紹介します!!
<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブーランジェリー・カドー 【羽根木】
下北沢から少し離れてしまいますが、新代田・羽根木にあるおすすめパン屋さんを紹介します。

パン屋さんの名前は「ブーランジェリー・カドー」

羽根木インターナショナルガーデンハウス内にあります。

私もたまたまこのブーランジェリー・カドーの前を通りかかったことがありますが、かなりお洒落な雰囲気のお店です。

オールスクラッチ製法という製法でパンを作っているそうです。

ちなみに、このパン屋さんが入っている羽根木インターナショナルガーデンハウスはテラスハウス形式のデザイナーズマンションです。

72.25m²で1LDK、コンクリート打放し、浴室シャワーのみ、肝心の家賃は23万円!

ブーランジェリー・カドーの公式ウェブサイト

==========================================
店舗名 Boulangerie Cadeau
(ブーランジェリー・カドー)
住所 東京都世田谷区羽根木1-19-19
TEL 03-6304-3557
営業時間 AM9:00~PM7:00
定休日 月曜日・ 木曜日
アクセス 井の頭線「新代田駅」「東松原駅」徒歩5分
==========================================


より大きな地図で I LOVE 下北沢 を表示


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:世田谷区 - ジャンル:地域情報

マクロビーナスとパン焼き人 【世田谷代田】
先日お伝えした、世田谷代田のパン屋さん「パン焼き人」の閉店ですが、なんと次のお店が開店だそうです。

その名も「マクロビーナスとパン焼き人」

お店の名前にパン焼き人と付いていることからも分かるように、パン焼き人のスタッフの方が新しいコンセプトではじめられたようです。

野菜ソムリエでもある女性パティシエが引き継いだこのお店、マクロビオティックがコンセプトのお店。

マクロビオティックとは何だろうかと思い、ウィキペディアで調べてみました。

「マクロビオティック (Macrobiotic) は、食生活法・食事療法の一種である。名称は「長寿法」を意味する。第二世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案した。
食生活法は、「玄米菜食」「穀物菜食」「自然食」「食養」「正食[1]」「マクロビ[2]」「マクロ」「マクロビオティックス」「マクロバイオティック」「マクロバイオティックス」とも呼ばれる。また、マクロビオティックを実践している人のことを、マクロビアンと呼ぶこともある[3]。」


玄米菜食ということですが、私も偶然最近は玄米ご飯を食べています。ということで私もマクロビアンのようです。

でもお肉も食べるので、異端なのかもしれません。

お店の外観、お店の中、メニュー写真などは以下のブログが詳しいです。

★マクロビマウスの★マクロビオティック&ヴィーガン食べ歩き日記★

↓お店のパティシエが書かれているブログです。

マクロビーナスの野菜果物的生活

===========================================
東京都世田谷区代田1-35-13
10時~18時半(ランチ&カフェは11時~)
===========================================


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

古書赤いドリル 【下北沢】
BRUTUS 2011年6月1日号を購入しました。

「本屋好き。」という特集です。



その中で下北沢の古書店が紹介されていました。

「古書赤いドリル」

餃子の王将下北沢店の近くの住宅地の中にあるそうです。

書籍の品揃えは1968年から71年までの4年間を中心とした左翼運動、芸能、事件簿などだそうです。

かなり品揃えを絞った構成なので、正直万人受けする書店ではないと思います。

それでも、60年代後半の時代は団塊の世代を中心にノスタルジーを呼び起こす時代、そして現在でも強烈な存在感を放ち続ける時代であり、現在でも色あせない力を持っています。

現代の若者はこの時代を知らないからこそ逆に興味を持つかもしれません。そういう意味では色々な人がこのお店を訪れるポテンシャルがあります。

私も一度行ってみたいと思います。

店内には小さいバースペースもあるようです。

古書赤いドリルのウェブサイト

赤ドリルの夢は夜ひらく


より大きな地図で I LOVE 下北沢 を表示

====================================================
東京都世田谷区代沢5-33-5-1F

TEL 03-6805-5177 
FAX 03-3413-1763

■営業時間
11:00~23:00
(日曜日は11:00~19:00)
====================================================

好奇心の森「ダーウィンルーム」が2番目に取り上げられていました。


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

下北沢に紅茶・緑茶専門店「ルピシア」
3月頃に下北沢にルピシアが開店しました。

ルピシアは世界の紅茶・緑茶の専門店です。

本店は自由が丘で、全国に100店以上のお店があります。

茶葉は紅茶、緑茶、ウーロン茶のほか独自に開発したブレンドティーやフレーバードティーなど常時約100種類以上の茶葉を販売しています。

お茶好きにはたまらないお店です。

私は紅茶が好きなので、色々と試してみたいと思います。下北沢店はイートインコーナーも併設されているので、その場でお茶を楽しむことができるようです。

ルピシア 下北沢店のホームページ

===================================================
所在地 〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-26-20
ショップTEL 03-5465-0328
営業時間 11:00~20:00
===================================================


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

小田急線下北沢駅の新駅舎案
現在、小田急線の複々線工事が着々と進行中ですが、それに合わせて下北沢の駅舎も立替られるようです。

調べたところ、かなりユニークな駅舎が予定されているそうです。
shimokita-eki1-thumb-450x310-134.jpg

ガラス張りの直方体の建物です。

これについては、賛否両論あるみたいですね。

下北沢南口商店街の白髪爺さん吉田くによしさんはおおむね賛成の意見を表明されています。

http://www.yoshi-kuni.jp/index.php?id=09100001

一方、リリー・フランキー氏をはじめとして、下北沢の文化や町並を愛する人たちが、下北沢再開発に反対の意見を表明しているようです。

http://www.kotono8.com/2009/10/03shimokitazawa.html

私としては、下北沢全体の再開発については反対ですが、この駅舎に関しては賛成です。

下北沢の駅周辺に大きな道路が出来てしまうと今までの下北沢の雰囲気が壊されてしまいます。

ただ駅舎についてはかなり個性的で、街のシンボルとして機能しそうです。

完成は平成 28年度ということなので、あと5年後ですね。まだ色々議論が起こりそうですね。

完成した時どんな風になっているのか見守りたいと思います。


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。