下北沢に住みます:
2013年~東京都世田谷区の『下北沢(通称:シモキタ)』に住んでいます。下北沢駅から半径約1.5km以内のお店・レストラン・スポット・物件について紹介します!!
<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本格ナポリピッツァリア「Pizzalina(ピッツァリーナ)」 【下北沢】
年の瀬が近づいてまいりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年は色々ありましたが、個人的にはちょっと働きすぎ?の感のある一年でした。来年はもう少しプライベートを充実させたいですね。

仕事だけではつまらないですし、世界も広がりません。

来年はスキーを始めたいと思っています。

年明け、クロスカントリースキーデビューを飾りたいと思います!


さて、先月のことになりますが、下北沢にお手軽サイズの本格ナポリピッツァリアのお店「Pizzalina(ピッツァリーナ)」が下北沢にオープンしました。

本場ナポリのナポリピッツァ協会から直接指導を受けたピッツァ職人が焼く本格ナポリピッツァを食べられる、とのこと。

ナポリピッツァと言えば、真のナポリピッツァ協会認定店が有名ですが、ピッツァリーナはまだ認定はされていないようです。

下北沢の近くの真のナポリピッツァ協会認定店は、梅が丘にある「イルモストロ」でしょうか。また、下高井戸にも認定店「ピッツェリア トニーノ」があります。

世田谷には結構、真のナポリピッツァ認定店が多いです。

さて、話を戻すと、この下北沢に出来たピッツァリーナは本格的なピッツァを食べられるだけでなく、日本人に合う小さいサイズのピザを食べられます。

小さいことで、お手頃価格でピッツァが食べられるとのこと。一番安いマリナーラだと500円だそうです。

安いからと言って次々頼むと凄いことになってしまいそうですが、ひとり2枚は行けそうな気がします。

「下北沢駅」北口から徒歩7分と、少し遠いですが、一度行ってみたいと思います。

■メニュー

 ・ピザ   15種類以上(例:マリナーラ 500円~)
 ・前菜   8種類以上
 ・メイン  3種類以上
 ・デザート 3種類以上
 ・ワイン  20種類以上

ピッツァリーナのウェブサイト

===========================================================
■住所・TEL

 〒155-0031 東京都 世田谷区北沢3-30-3 下北沢シャモット1F
 TEL:03-6407-0369
 FAX:03-6407-0346

■営業時間

 ・営業時間:平日 16:00~23:00

       土日祝日 12:00~23:00
       ※22時ラストオーダー
 ・定休日:不定休
===========================================================

より大きな地図で I LOVE 下北沢 を表示

「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

天然酵母 あこべる 下北沢店
今日は下北沢にあるオススメパン屋さんを紹介します。

下北沢には色々なパン屋さんがありますが私の中で1,2を争うほどのお気に入りが、天然酵母 あこべる

あこべるは都内近辺に何店舗か出店していますが、下北沢店は、スーパーオオゼキの中にあります。

入り口入ってすぐ目の前です。

一つ一つ手づくりで丁寧に仕上げてあり、焼き上がりはふっくらで、外はかりっとしてます。あこ天然酵母で焼いた芳醇ないい香りがします。

山崎パンなど機械化されたパンに比べて格段に味が違います。

=========================================================
店舗所在地
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-9-5
スーパーオオゼキ内 1F(小田急線・井の頭線 下北沢駅下車1分)
電話
03-5452-0558
FAX
03-5452-0559
営業時間
10:00~23:00 ※19:00~スーパーオオゼキレジにて販売
=========================================================

発祥の地は多摩センターの落合店。「あこ庵」と地元では呼ばれています。

吉祥寺にも今年の6月にお店をオープンさせて、勢いづいています。

あこべるのウェブサイト


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

カフェ・オーディネール が・・・
以前、といっても2003年頃、行ってみたいカフェの場所をパソコンに保存していたのですが、それが最近になって出てきました。

カフェ・オーディネール

カフェ・オーディネール-下北沢-カフェ

来年、下北沢に住むことになったので、改めてカフェ・オーディネールの情報を調べてみました。

なんと、初台に移転!しているではありませんか。

そして、初台に移転したのが2011年の6月なのですが、現在、業務を引き継ぐオーナーを探しているとのこと。

新オーナー募集は、現在のオーナーさんが実家のある九州に戻ることになり、店の業務を続けることが困難となったためだそうです。(下北沢経済新聞より)

いつか行ってみたいと思っていたカフェなので、オーナーさんが変わる前に行ってみたいと思います。初台のお店の場所を調べてみると、なんと水道道路沿いじゃないですか。

この道は新宿に行くときは必ず通る道です。今日も通りました。

カフェがあるとは、全然気づきませんでした。

是非次回通った際は入ってみます。

下北沢時代のカフェ・オーディネールの食べログ

初台のカフェ・オーディネール

カフェ・オーディネールのウェブサイト


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

膳場青果店 【下北沢】
下北沢南口をずっと餃子の王将の方に下っていったところにある八百屋さんが、今回紹介する「膳場青果店」。

zenba_seika_0100.jpg

野菜だけでなく、果物も取り扱っているようです。

下北沢はお店は色々と多いですが、こういった八百屋とか肉屋、魚屋さんがあまり無いのが分かってきて少々残念な気がします。

しかも一箇所に固まっていないので買い物がしづらいです。

スーパーで買えばいいですが、最近今住んでいる所の八百屋とか肉屋さんによく行くことが多いので、下北沢でもスーパーではなく、八百屋さんや肉屋さんで買い物をしたいと思います。

ホームページなどで魚屋情報を探しているのですがなかなかヒットしません。

やはり歩いて探すしかなさそうですね。

梅が丘は魚屋さんがあるのを以前確認したので、下北沢に住んだら魚屋は梅が丘を利用する可能性大です。

引き続き調査したいと思います。


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

グリーンライン下北沢
以前このブログで、「小田急線 線路跡地の利用について」という記事を書きました。

小田急線の東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅の三駅が地下化されることによって、広大な線路跡地ができることになります。

世田谷区では、オープンハウスを開催するなどして色々な意見を募集しているようです。

そんな中、具体的な提言・取り組みを行っているグループを見つけました。

グリーンライン下北沢という団体なのですが、鉄道事業者にもプラスになり、利用者の地域住民にも、商業者にも、来訪者にもプラスになる「ウィン・ウィン」の関係性を確認しつつ、防災や、環境にも配慮した、みんなが幸せになる公共空間を一緒に考えていく開かれたグループです。

将来、創出された公共空間を利用する使い手の受け入れ、管理運営の担い手となることも視野にいれ、地域の皆さまと連携する取組みを模索しています。

ということで、実際に線路跡地をどうするといったプランを考えていらっしゃるようです。

もともと「小田急線あとちを考える会」だったのが、今年6月に改名したようです。

何度かセミナー的なものを開催しておられるようですが、その中で、先をいく参考モデルとして今年6月に拡大オープンしたニューヨークのハイラインについてのレポートがWeb上で見ることができます。

こちらも線路跡地の利用方法について、色々議論した結果できあがったスペースなのですが、このハイラインがとても魅力的でした。

こちらは高架跡ということで、小田急線跡とは置かれた立場は違いますが、線路跡地をどのような形で利用するか、という点においては同じことだと思います。

遊歩道メインで自転車もクルマも立ち入り禁止というコンセプトは素晴らしいと思います。

小田急線跡は緊急車両が入れるスペースも考えられているようですが、できれば通常の車両は入れないようなプランにしてもらいたいと思います。

下北沢にクルマはあまりそぐわないと思いますし、歩行者をメインにしたスペースにしてもらいたいと思います。

とにかく、ニューヨークのハイラインレポート、必見です。ワクワクします。こういうスペースを日本にも作れば話題にもなりますし、区民の憩いの場所になるのではないでしょうか。

ニューヨークのハイラインレポート

グリーンライン下北沢のウェブサイト

以下のブログも参考になります。

No.111:「グリーンライン下北沢」とグリーンサークル


「I LOVE 下北沢(+代田)」はブログランキングに参加しています。1日1回応援のクリックを頂けるととても嬉しいです。↓↓↓

テーマ:下北沢 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。